2017年2月6日月曜日

求人

スタッフを募集します。
実務経験者と未経験者(建築系大学、大学院卒)の2名です。
ポートフォリオをPDF(10MB程度以下)でmail@ymgci.netまでお送り下さい。
面接を行う場合のみ、受領後3営業日以内に返信致します。
ご応募お待ちしています。

2016年9月12日月曜日

ムスリム

ムスリムの女性と初めて食事をしました。
やはり宗教上、食べられないものが多いんだなあと関心。

でも実は彼女自身の好き嫌いが多いだけだったようで。
それはそれで身近な感じ(?)がして、楽しい経験になりました。


2016年8月8日月曜日

同窓会

中学校を卒業して30年経つとのことで、同窓会がありました。
乾杯挨拶をしたのですが、話始めて5秒後くらいに、幹事が小声で話しているのが聞こえました。

「話が長くなりそうだから〜」と。

動揺しました。

2016年8月2日火曜日

結婚

最近、おめでたいことに、男性スタッフが結婚しました。 お相手は僕と同じ高校出身です。 なぜか、今まで結婚した男性スタッフ3人中、2人の奥様がその高校出身なんですよね。 都内に事務所もあることですから、都内の高校ならまだ可能性は高まりますが、千葉県立の高校でどうしてそこまで確率が高まっているのかおもしろいです。

2016年7月19日火曜日

10年前

DIVISAREが先週のコンテナ特集で取り上げた倉庫です。
もう10年前になるんですね。
今まででつくったもので、おそらく一番女子受けしなかったプロジェクト。
とても気に入ってます。



連絡

そういえば最近、あのクライアントから連絡が来ないね、とスタッフと話していたところ、昨日夢に出て来たそうです。
「でも何も言ってませんでしたよ」とのことですが、それはそれで心配ですね。


2016年6月14日火曜日

プロジェクト概要

各プロジェクトのインフォメーション内から、概要をダウンロードできるようになりました。
例えば「白雲荘」の場合、このページ右下のインフォメーション内で「summary」をクリックします。

するとリンクが開きます。

ご参考にして頂ければ幸いです。

2016年4月28日木曜日

商店建築5月号

4月28日発売の商店建築5月号、「進化する和のデザイン」白雲荘が掲載されています。
この写真は白雲荘内のレストラン「千渓」のエントランスです。



2016年3月2日水曜日

Pen

昨日3月1日に発売になった雑誌Penの表紙が、「軽井沢の別荘/ギャラリー」で撮影されています。
2003年竣工にも関わらず、いまだに世界中から月に数回はWEB、雑誌等に掲載依頼の連絡があります。ファッション撮影のロケでもよく使われていますが、そのジャンルは常に空間に新鮮さが必要なわけです。10年以上の年を経てもなお、それを保っていると言えますね。
いつも「風景」をつくりたいと思っています。美しい風景は陳腐化もしないし、時代遅れにもならない。そういう状態に、自分のつくる建物や空間がなっているんだとしたらとても嬉しいです。


2016年2月4日木曜日

豪邸特集

HAKUUNSO」をWEBに掲載しました。

2月5日(日)に発売されるモダンリビングno.225にHouse in Pakseが掲載されています。詳細に紹介されていますので、ぜひご覧ください。


2016年1月8日金曜日

新春

新春にふさわしい話題といえば、、建築ではなく映画ですよね。
1月23日に公開されるThe WALKを昨年末に試写で観ました。

バック・トゥ・ザ・フューチャー、フォレスト・ガンプ、ポーラー・エキスプレスなどをつくったロバート・ゼメキス監督です。NYのワールドトレードセンター(WTC)を舞台に、命綱無しでツインタワーの間を綱渡りした実在の人物の話を映画化しています。命綱がないだけでなく、綱渡りが無許可で行われるのです。とてもおもしろいので、ぜひご覧ください!

そのレビューを1月7日発売になったELLE DECOR最新号(2月号)に書いています。そちらもぜひ!



2015年12月31日木曜日

年末

今日は12月31日。
まさに年末の直中ではありますが「愛のコンティニュアスデザイン展」の写真をWEBに掲載しました。タイトルはLovable Continuous Designです。
10月31日から11月8日間の会期中に2000名を超える来場者があったとか。

今年一年、どうもありがとうございました。
来年もどうぞ宜しくお願い致します!


2015年12月25日金曜日

3台

いよいよ年末ですね。
今年は3台所有していた自動車を、全てまとめて手放した年になりました。
BMWのZ4、メルセデスのG ClassSLKです。

Z4は幌を開けたときの全体の形がとても好きで、エンジンがスムースに回ります。幌を開けて、夕暮れ時にレインボーブリッジを渡る時が本当に気持ち良いです。時々、昼間、しかも信じがたいことに夏にオープンカーの幌を開けている人がいますね。あれはひたすらに暑いだけで、真似しないほうが良いです。
オープンカーは真冬に幌を開けて、暖房を全開でつけながら走るのが最も爽快ですね。特に夜が良いです。都市の風景が全く違って見えます。特にZ4はそういうことを意識しているように思いました。インテリアの照明が非常によく工夫されていて、結果的にインテリア感を夜間に強く感じます。丁寧につくり込まれたインテリアが唐突に外部にさらされているギャップが、とても新鮮な経験を与えてくれるのです。

G Classはハンドル、ブレーキ、アクセル、車重全てが極端に重いです。長年代々のG Classを所有している人が、運転しながら体操しているようなものだと表現していました。その通りだと思います。
そして普通は曲がれるところが、たいがい曲がりきれません。回転半径が大きいからです。結構大きな道路でも一回でUターンできることは少ないです。
利点は、、雰囲気からか、クラクションをならされることが滅多にありません。

SLKはコーナーを安心感をもって走り抜けることができて、そしてパワフルです。故障の少ないC Classをベースにして、かつ走行性能も高い、非常に優秀なクルマだと思います。

3台ともに共通するのは、基本性能の高さですね。
走る、止まる、曲がる。性格はそれぞれ違うのですが、その3つの機能がまずはしっかり考えられているのだろうな、と体感できます。そこがドイツ車の特徴なのかもしれませんね。根本的な信頼感を感じさせてくれます。そこは建築も同じだろうなと思います。


2015年12月10日木曜日

温泉100

今日発売のCasa BRUTUSの温泉100特集で、リニューアルのデザインをした湯河原の白雲荘が紹介されています。ちなみに写真で露天風呂が載っていますが、そこは既存部分です(笑)。

それと後半のページに10月末に開催された「愛のコンティニュアスデザイン展」も紹介されています。会場デザインをした展示です。合わせてぜひご覧ください!

2015年10月31日土曜日

430人

いよいよ本日から「愛のコンティニュアスデザイン展」が始まりました!
昨日はそれに先立ち、オープニングレセプションが行われて、430人ほどの方々にお集り頂けて大盛況でした。
実は皆さんの足元がデザイン的にはポイントなので、あまり大勢の方々が一度に入場されると、デザイン上の特徴に気がつきにくかったかなとも思いますが。。。レセプションにお越し頂いた方も、ぜひ再度会場全体も観て頂けると嬉しいです。

会期は8日までですので、ぜひお越し下さい!
詳細はこちらでご覧頂けます。